お金を借りる方と貸すほうの違い

お金を借りることに心が痛まない人がいます。お金を借りるということは少なからず恥ずべきことですし心が痛んで当たり前のように思いますが、当然のような顔をしてお金を借りる人もいます。
消費者金融でお金を借りる

お金を友人や知人から借りるのは最後の手段だと思ってもらいたいです。たとえ少ないお金でも、たとえば一緒に外食を楽しみ会計時500円足りなかったとします。たった500円でも人からお金を借りるときは「申し訳ない、恥ずかしい」という気持ちを持ってもらいたいのです。

「明日返すから500円貸して~!」なんて調子で人からお金を借りるのは貸すほうからすると気持ちが悪いですね。たった500円とお金を借りる方からすれば思うのでしょう・・・。でも500円を貸す方としては「このお金はもしかしたら帰ってこないかもしれない」と思うもの。100%500円が返ってくる保証などどこにもないのです。

たった500円を貸すだけのことで一筆欠いてもらうのも大げさだと。貸した証拠を残すことなくお金を貸す人は後を絶ちません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です